« FOAF とメールアドレス | トップページ | AppleStore Ginza »

2004.01.11

SPAM

メールを受け付けるようにすれば,迷惑メール(SPAM) が来るようになるのは現在ではどうにも避けられないことです.
ココログではじめて,Web でコンテンツを公開することを体験している人は,迷惑メールがばんばん来たらびっくりしているでしょう.また他で Web コンテンツを公開していて,ココログを始めたら,迷惑メールが激増ってこともあるかもしれません.
ココログの仕組みに問題があるっていうよりは,ココログ自体がけっこうアクセス/トラフィックが多いので,迷惑メール送信のターゲットになりやすいのかもしれないですね.
まず,ある程度アクセスが多い Web サイトで,メールアドレスを公開していれば,やっぱり迷惑メールはばんばん来るのです.

あとメール送信の為にメールアドレスが符号化されていますが,ココログからメールアドレスを収集しようと考えたら,簡単に収集されてしまうと思います.

FOAF と迷惑メールの関係ですが,FOAFからメールアドレスを収集するくらいなら,普通に HTML のページの中の「メール送信」のリンクから収集したほうが効率が良さそうな気がします.

あそびをせんとやうまれけむ: FOAFのメールアドレスには要注意」では以下のような記述がありました:

FOAFに、メールアドレスが暗号化されないで出てしまうことがあり、それによって spamが増えるという話。

まぁそうなんですが:

  • ココログの設定によっては,メールアドレスが符号化されずにそのまま FOAF に書き込まれるので設定を確認しましょう.
  • FOAF にメールアドレスがそのまま載れば,迷惑メール送信者にメールアドレスを収集される危険度が増します.

一方で,FOAF で SHA1 という方法でメールアドレスが符号化されている場合は,そこから迷惑メール送信者にメールアドレスを収集される心配はありません.きちんと設定すればいいのですが,その設定方法を @nifty が説明していないのが問題なんです.

きのうの出来事: FOAF とメールアドレス」で,FOAFが悪者になってしまいますって心配する声が載っていますが,それももっともで,もっと @nifty はプロフィールの設定と FOAF の関係の説明をきちんとするべきだと思います.

|

« FOAF とメールアドレス | トップページ | AppleStore Ginza »