2004.06.15

TypeKey

ココログは TypePad っていうサービスを基に作られていて,開発元は Six Apart です.ここの新サービスが TypeKey というもので,これは Weblog にコメントを記入するときに,認証をするサービスです.これを利用すると TypeKey に一度ログインして,その後で Weblog にコメントを書くことになります.そうすれば,Weblog 開設側は,TypeKey で認証を受けた人以外のコメントの書き込みを禁止する事もできるようになって,迷惑な宣伝目的の書き込みなんかを排除できるようになります.
コメントを書く側にとっても,自分の名前/ニックネームやメールアドレスや自分の Web サイトの URL などを毎回入力しなくてよくなります.
もしかしたら将来はあちこちに書いたコメントを,TypeKey を使って一括管理して一覧をみることができるようになるのかも.そういうメリットが出てくる事を期待します.

現在 TypeKey でアカウントの登録をすると,自分のプロフィールのページが自動的に作られます.ちょうどココログのプロフィールとおなじようなものができます.

名前,ニックネーム,自分の写真,メールアドレス,Web サイトの URL,一行紹介,そして,知人を登録できます.
プロフィールページの編集で,「私の好きなサイト」という項目があり,URL を入れるのですが,これは実は知人の登録なので,好きな人の Web サイトの URL を入れます.そして,その人の名前も登録します.

そして実はこのプロフィールページの編集を行うと,その内容にそった FOAF ファイルが生成されます.これもココログのプロフィールと一緒ですね.ココログでのマイリストの「人」のリストから,FOAF の knows(知人)のリストが作られるのと同様に,TypeKey のプロフィールページの編集の「私の好きなサイト」から FOAF の knows(知人)のリストが生成されます.

TypeKey のプロフィールページの編集の「私の好きなサイト」の編集をするときに,好きな人のウェブサイトの URL を入力する代わりに,もし分かる場合はその人の FOAF の URL を入れます.そのほうが確実です.これも,ココログでのマイリストの「人」のリストの編集と一緒ですね.

TypeKey では任意のユーザ ID を選んで登録できますが,ユーザ ID は先着順.ぼくのユーザ ID は onohiroki です.

ぼくの TypeKey プロフィールページは
http://profile.typekey.com/onohiroki/
です.

TypeKey での FOAFの URL は
http://profile.typekey.com/onohiroki/foaf.rdf
です.これは FoaF Explorer なんかで表示させると便利です.

FOAF ってなに?っていう質問については,また別の機会に.

ココログでもまだ TypeKey に対応していませんが,きっと対応すると期待しています.対応したら登録する人も増えるでしょうね.皆が登録するまえに,早めに自分の好きなユーザ ID で登録してしまうのが良いかも.

|

2004.01.17

foaf:mbox_sha1sum / ココログの FOAF の SHA1 について

SHA1はココログでは起用されていないのでしょうか。」って記事がありましたが,すでに「あそびをせんとやうまれけむ: SHA1はココログでも使われていると思われます」でも回答があるように,使われています

メールアドレスをそのまま明記する場合は foaf:mbox が使われ,SHA1 で符号化する場合は foaf:mbox_sha1sum が使われます.

これは,一度「トモダチのトモダチ: FOAF とメールアドレス」で説明しましたが,プロフィールの設定をすることで,変更されます:

ココログの管理のページで:
「トップ  >  コントロールパネル  >  プロフィール  >  プロフィールページ」とたどります.
https://app.cocolog-nifty.com/t/app/control/profile?__mode=about_page

ここで,プロフィールページのデザイン変更ができるのですが,メールアドレスの表示のチェックを外せば,FOAF の中でメールアドレスがそのまま明記されることがなくなります.


FOAF では,foaf:mbox_sha1sum は個人を識別するときに,メールアドレスの代わりに使われています.PLINK などの FOAF を利用したサービスの多くがメールアドレスもしくは foaf:mbox_sha1sum をキーにして,個人を識別しているのです.

FOAF の内容を表示するのは,W3C RDF Validation Service も便利です.

あと,「ブラウズする / BrowseThrough」も使ってみてください.





あと,「白生地や: SHA1はココログでは起用されていないのでしょうか。」では,FOAFの仕様はブログ全体で統一されていないのでしょうかという疑問が提示されていました.

FOAF は,とても応用範囲が広い柔軟なものです.しかもまだ拡張が続いているようです.FOAF の規格はありますが,その利用の仕方,表現の仕方はさまざまになるでしょう.ココログでは FOAF のごく一部を利用しているだけです.

また FOAF は RDF という枠組みを利用しているのですが,RDF として様々な拡張ができます.Weblog サービスが自動生成する FOAF では,ある決まった表現しかできませんが,自分で記述すれば RDF として拡張して実にさまざまな事が表現できます.

たとえば,写真アルバムのページを作り,そこで紹介している画像ファイルに写っている人を FOAF で表現し,PLINK に登録すれば,PLINK である人の画像を検索する事ができます.また foaf:knows で,「知っている」という関係を表現する他に,同じ写真に複数の人が写っているということを表現すれば,「同じ写真に写っている」という関係が表現されます.PLINK や,foafnaut! は,「同じ写真に写っている」という関係を表現できます.こういうのも面白いですね.

|

2003.12.26

FOAF をブラウズしたい

FOAF などの RDF/XML ファイルを,Web ブラウザで閲覧する方法を考えてみました.ココログでやってみると,FOAF に記述されているトモダチなんかをたどって行けました.ツールの少ない現状ではある程度は意味があるかと思うので,公開します.

ココログでは,トモダチをマイリストの「人」のリストに加えると FOAF の中に知人として加えられます.ココログを使っている人をマイリストの「人」のリストに加えた場合は,FOAF の中でその人の FOAF へのリンクが rdfs:seeAlso っていう要素で作られます.これが,「追加情報」というリンクとして表示されるので,それをたどって行くと,トモダチのトモダチがたどって行けるわけです.

FoaF Explorer を使うと,Web ブラウザでは直接見る事ができない FOAF の RDF/XML ファイルを閲覧することができます.これはこれでとても良いのですが,日本語には対応しているものの,表記が英語なのがあまり良くないのかも.

と,いうのも,ある人に FoaF Explorer でぼくの FOAF ファイルを見てもらったら,なんだか英語ばかりでよくわかりませんなんて言われてしまいました.

それで XSL ファイルを書いてみて,W3C XSLT Service を利用して RDF/XML ファイルを見てみました.これなら,XSL ファイルが用意されていない RDF/XML ファイルも Web ブラウザで閲覧できるし,XSLT に対応していない Web ブラウザでも利用できます.

また細かいところで,修正しなくちゃならないところが沢山あるのですが,とりあえず公開してみます.

XSLT とか CSS が分かる人は,勝手に改変して再配布してみてください.

| | コメント (0)

2003.12.25

FOAF Walker 登場

はてなダイアリー - in the vanguard」や「StarChartLog @cocolog: FOAF Walker は Windows でふにふにマップ」で取り上げられていて知ったのですが,Windows の .Net の環境で動作する FOAF の情報を動的に辿って表示するツールである,FOAF Walker が「検索日記」から公開されています.

先日 Web サービスでの FOAF 閲覧ツールをいくつか紹介しましたが,いずれも英語が基本なので,やっぱり日本語なツールが欲しいところ.

またココログで FOAF を自動生成しても,FOAF を利用するなんらかのツールがないと広がりがうまれないですよね.

そう考えてみて,やっぱり FOAF Walker は画期的ですばらしいです.

でもぼくは Macintosh で Mac OS X なので FOAF Walker は使えません.Virtual PC でも Windows 98 では起動できませんでした.

Windows XP などでも .Net の環境を準備しないといけないのでしょうか?

Windows でも Macintosh でも使える日本発の FOAF ツールとしては,トモブがあります.トモブにも期待しています.

今後は FOAF ファイルが用意される事も増え,FOAF 用のツールも増え,だんだんと FOAF の応用が広がって行くのかな.楽しみです.

| | コメント (0)

2003.12.17

ココログ公式の新着記事一覧と 4 色の顔のバナー

ココログ公式の新着記事一覧のサービスがはじまりました.RSS の配信もあります.

これまで自力で新着記事一覧の RSS を生成し配信していた「ぴっくあっぷ」では,RSS 生成/配信のサービスは終了することになったそうです.いままでありがとうございました.お疲れさまでした.

ココログ公式の新着記事一覧ページの各記事のには,そこの RSS をしめすバナーのとなりに,4 色の顔のバナーと,「マイリストに追加」というリンクがあります.この 4 色の顔のバナーは,foaf.rdf というファイルへのリンクになっています.

この foaf.rdf というのはなんなのか.それを次以降の記事で,説明して行きたいとおもいます.

|

2003.12.11

FOAF で認証?

StarChartLog @cocolog: TrackBackスパム対策にFOAFで認証」という話題.
もとネタは「ishinao.net/mylog - TrackBackスパム対策にFOAFで認証」から.

ぼくはトラックバック SPAM は困るけど,そうでなければ,どこからトラックバックされてもかまわないと思っています.

FOAF を認証に使うというアイディアは面白いですね.まだ FOAF 自体が普及していないので,効果がどれほどか分かりませんが,逆にこういう具体的な使い道が示されたら,急激に広まるかもしれません.

FOAF で表現する「知人」って,Weblog でトラックバックしあったりするだけの人って含まないのかと思っているのですが,そこらへんもこれからいろんな解釈がでてきて変わって行くのかもしれませんし,FOAF の語彙が増えて,これからの要求に対応して行くのかもしれませんね.

知人として登録していない人からトラックバックが来た場合は,トラックバックを受け付けると,FOAF の知人として自動的に加えられるような実装があったら面白いかも.

|

2003.12.02

マイリストの「人」のリスト

ココログでは,マイリストというものがあります.これは「人」,「リンク」,「本」,「音楽」のリストを作る事ができます.どうも人のリンクは知人を登録するもので,リンクは単に興味のある Web サイトや Weblog のリンクリストを作るようです.

「人」と「リンク」はどちらも,ココログのページでは単にリンク集として表示されますが,人のリンクは FOAF の know プロパティに関連づけられます.

ですからマイリストで「人」のリストに,「人」を追加するのは FOAF に知人を登録する事に対応します.「人」をリストに追加するときに URL を入力しますが,その URL が Web ページを指していた場合は,HTML 文書のヘッダから FOAF を探します.

FOAF が見つかれば,FOAF ファイルから情報をインポートして FOAF には http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#seeAlso プロパティとして FOAF の URL も格納します.もし「人」をリストに追加するときに指定した URL が FOAF ファイルの URL の場合は,やはり FOAF ファイルを読み込みます.

ですから,もしココログを Weblog として使うけど,Web サイトは別に持つという場合は,自分の Web サイトにもちょっと仕掛けをしておくと良いと思います.具体的には HTML 文書の head 要素の中に lik 要素で FOAF の場所を書いておきます.
つまり head 要素の開始タグ <head> と終了タグ </head>の間に,以下の一行を加えます.

<link rel="meta" type="application/rdf+xml" title="FOAF" href="http://trackbackyaro.cocolog-nifty.com/foaf.rdf" />

|

ココログ FOAF

プロフィールの「1行紹介」の文が,FOAF の http://purl.org/vocab/bio/0.1/olb プロバティになります[間違いのため削除:が,プロフィールの「興味のあること」に書いた項目が FOAF の http://purl.org/vocab/bio/0.1/olb プロパティになるべきです.これはバグだと思います].

FOAF は http://onohiroki.cocolog-nifty.com/foaf.rdf として公開されます.この内容ですが,<bio:olb> </bio:olb> の間に,「1行紹介」が挿入されます.
[間違いのため削除:ここには,プロフィールの「興味のあること」に書いた内容が挿入されるべきです].

以下で定義を参照できます.
http://purl.org/vocab/bio/0.1/ 

「興味のあること」に書いた内容は,http://purl.org/vocab/bio/0.1/keywords ですね.上の記述はぼくの勘違いでした.ごめんなさい.

|

マイリストに人を追加する

ココログではマイリストという機能があります.これで「人」のリストを作ってみました.
「URLを入力すると新しい人を簡単に追加できます。」なんて表示されていますが,なにを入力するのでしょう?

その人の Web サイトの URL を入れるのでしょうか?
それだと,人が追加されて,「ホームページ( URL)」という項目に,URLが入ります.

FOAF というファイルの URL を入力したらどうでしょう?
ぼくの友達のすーさんなら,
http://susumu.cup.com/foaf.rdf
です.
これだと,名前やメールアドレスや Web サイトの URL も入りました.

この FOAF ファイルは RDF が XML で書かれていて, HTML で書かれた Web ページではないので,普通の Web ブラウザだとちゃんと表示できないかも.

FOAF ファイルを公開している人は,きっと Web ページの中に FOAF ファイルの場所を書いてあると思います.
HTML の head 要素の中に link 要素として FOAF の場所を書く事ができでます.
「URLを入力すると新しい人を簡単に追加できます。」のところにその人の Web ページの URL を入力した場合に,
もしそのページに FOAF の場所が書いてあれば,FOAF ファイルを直接してしたときと同じように名前やメールアドレスや Web サイトの URL が入力されるようです.

FOAF をどうやってつくるか? ココログでは,プロフィールを設定すれば,自動生成されるらしいですよ.

|